によるところがおおきい 【話し手の評価・結論】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

名詞 によるところが大きい

【用法】

結論や話し手の評価を述べる表現。

「その最大の要因は~だ」「それは~のおかげだ/~のせいだ」という結論を述べる言い方。

類義表現の「に負うところが大きい/多い」はプラスの要因に使われ、当文法はプラス、マイナスどちらの要因も使われる。

やや硬い表現。

【例文】

  1. 人の印象は見た目によるところが大きい。
  2. 最後まで頑張ることができたのは友達の存在によるところが大きい。
  3. 人間の性格は環境によるところが大きい。
  4. 人間の性格は遺伝によるところが大きい。