ずにはおかない/ないではおかない (1)【避けられない心情や行動】 接続・用法・例文 JLPT N1 

【接続】

動詞ない形 ない ずにはおかない 

※しない  →  せずにはおかない     

動詞ない形    ではおかない

【用法】

自発的作用を表す。

否定を繰り返すことで肯定を表す。

ある事態や行動が自然と引き起こされる。

「誰もが自然と~する」という言い方。

感動、不信感など気持ちを表す言葉とともに使われ、感情の変化が起きたというときによく使われる。

【例文】

  1. 優秀な彼が初歩的なミスをするとは、違和感を持たないではおかなかった。話を聞くと、お母さんが病気になったそうだ。
  2. あのアニメは見る人を感動させずにはおかない。
  3. 彼の表現は周囲の人に不信感を持たせずにはおかないだろう。
  4. この小説は人々を感動させずにはおかない。
  5. そんなことされたら不満を抱かせないではおかない。