ために【目的】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

動詞(意志動詞) 辞書形+ために

名詞 の ために

【用法】

目的を表す。

前件と後件の主語は同じ。

前件には意志的動作の目的が、後件にはその目的を実現するための行為がくる。

同じ目的を表す「~ように」では、無意志動詞を用いることに注意。

【例文】

  1. 自分の店を持つために、貯金しています。
  2. 大学に入るために、一生懸命勉強しています。
  3. 検査のために病院へ行きます。
  4. チケットを買うために並んでいます。
  5. 日本語を勉強するために、日本へ来ました。