~し、~し【並列】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

普通形 +し、・・・

【用法】

いくつかの事柄を並べて言う表現。

動詞の「~て、~て」には継起関係があるが、「~し、~し」にはない。

また、前者は複数の事柄を単に並べるだけだが、後者は「・・・だけでなく・・・も」という意味が含まれる。

他に、複数の理由を述べる「~し、~し」の用法もある。

【例文】

  1. 木村先生は熱心だし、おもしろいし、とてもいい先生です。
  2. このかばんは形もいいし、色もきれいだし、値段もあまり高くないです。
  3. あのレストランは、おいしいし、安いし、それにサービスもいいです。
  4. 本田さんはギターも弾けるし、ダンスもできるし、歌も上手です。
  5. 夏休みは山にも行ったし、海にも行った。