てもいい【許可】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

動詞 て形+もいい

【用法】

許可を表す。

「~てもいいですか」と許可を求められた場合、「いいですよ。」または「どうぞ。」などと答える。規則などで許可できない場合は、「~てはいけません」「だめです。」など、個人的な事には「~は、ちょっと・・・」などと返答する。

「も」のない「~ていい」という形も使われ、ほぼ置き換え可能だが、例外もあるので注意が必要。

動詞を否定形にした「~なくてもいい」は、その行為が不必要であることを意味する。

【例文】

  1. タバコを吸ってもいいですか。
  2. 今日はもう帰ってもいいですよ。
  3. ここに座ってもいいですか。
  4. このカタログをもらってもいいですか。
  5. 窓を閉めてもいいですか。