てみる【意志的行為】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

動詞 て形+みる

【用法】

ある事をして、その結果どうなるかを見る。

どんなものか、どんな場所なのかなどをよく知るため、実際にすること。

多くの場合、「試しに~する」という意味を表すが、「試してみる」(試して、その結果を見る)という言い方も可能。

「~てみる」は試しに何かをするという意味を含むので、下記の文は不自然である。

例)この料理を×たくさん食べてみてください。

 (この料理を〇少し食べてみてください。)

「~てみる」の「みる」の部分は、ひらがなで書くのが一般的。

【例文】

  1. くつを買う前に、はいてみます。
  2. サイズが合うかどうか、着てみてください。
  3. 日本のお菓子です。食べてみてください。
  4. 一度ねぶた祭りを見てみたいです。
  5. このCDを聞いてみてもいいですか。
  6. 店員に聞いてみます。