ため(に) 【原因・理由】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

名詞修飾形   ため(に)

な形容詞 な

名詞 の

【用法】

原因や理由を表す。

それがあったので、特殊な状況・悪い結果になったと論理的に述べる時に使う。

そのため、後続では判断・命令・意思などの表現は用いられない。

×津波が来ているため、早く逃げろ → 〇津波が来ているから、早く逃げろ。

×渋滞しているために、歩いていきましょう → 〇渋滞しているから、歩いていきましょう。

また、一般的な状況を表すときには用いられない。

×寒いために、ストーブをつけます → 〇寒いので、ストーブをつけます。

書き言葉的。

類義表現の「せいで」のように話し手の評価は含まない。

【例文】

  1. 大雪のため、ここからは通ることができません。
  2. 台風が近づいているため、天気が不安定になります。
  3. 問題が難しかったため、最後までできませんでした。