まで(のこと)だ 【決意・結論】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

動詞辞書形 まで(のこと)だ 

【用法】

決意や覚悟を表す。

「~ば・・・するまでだ」のように仮定を表す表現とともに使われることが多い。

「もし~になったら迷わずそうする」「潔くそうする」という言い方。

話し手にとって「それは大したことではない」という気持ちが込められる。

類義語に「ばそれまでだ」「~するしかない」がある。

【例文】

  1. 明日は運動会だが雨が降れば、中止にするまでだ。
  2. 電車が使えなければ、歩いて帰るまでだ。
  3. 彼が来なければ、あきらめるまでだ。
  4. 仕事をしなければ、クビにするまでだ。