にしのびない 【心情の強調】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

辞書形 に忍びない

【用法】

心情を表す。

「それをするのが辛い」「心が痛い」のように話し手自身の要因にも、「耐えられない」「恐ろしすぎる」のように外部要因にも用いられる。

【例文】

  1. 親友にもらったプレゼントなので、捨てるに忍びない。
  2. こんな残酷な映画は見るに忍びない。
  3. 彼の恐ろしい経験は聞くに忍びない。
  4. このような事件は想像するに忍びない。