にかかっている 【関連・変化】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

名詞        にかかっている

普通形 か

【用法】

結果を左右する物事を表す。

A(結果)はB(ある事柄)に関連して変わる、A(結果)はB(ある事柄)と密接につながっていると述べる。

「~が結果を決める重要な事柄だ」「~が鍵を握っている」「~が良くなれば結果も良くなる。悪くなれば、結果も悪くなる」という言い方。

類義表現に「~次第だ」「~による」がある。

?懸かる ぶら下がっている、支えられている 懸垂、懸命

【例文】

  1. 合格するかどうかは学生の努力にかかっている。
  2. 合格するかどうかは先生の教えにかかっている。
  3. この国の将来は若者にかかっている。
  4. 会社がうまく行くかは社長にかかっている。
  5. 次の試合はキャプテンの内村にかかっている。
  6. 彼の気分はその日の体調が良いかにかかっている。