ものだ (3)【感慨】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞普通形     ものだ

い形容詞 い

な形容詞 な

【用法】

感慨を表す。

「そう深く感じる」、「感心したなぁ」、「呆れたなぁ」という言い方。

感心したり、呆れたりした場合は「よく(も)~ものだ」が使われる。

【例文】

  1. 今年も12月になった。時間が経つのは早いものだ。
  2. 私も年を取ったものだ。
  3. この街も便利になったものだ。
  4. 孫は大きくなったものだ。
  5. こんなに難しい問題をよくできたものだ。
  6. さすがはジョンさん。きれいな日本語を話すものだ。