ものだ (2)【習慣】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞た形 ものだ

【用法】

過去に習慣的に行われていたことを述べる表現。

「昔はよく~たものだ」と回想したり、感慨をこめて述べる言い方。

【例文】

  1. 子どもの時は山で遊んだものだ。
  2. 小学生の時はよく父と釣りをしたものだ。
  3. 学生の時はよく安い肉を食べたものだ。
  4. 若いころはよく酒を飲んだものだ。
  5. 昔は友達とよくけんかをしたものだ。