をはじめ(として)/をはじめとする 【例示】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

名詞  をはじめ(として)/をはじめとする

【用法】

例を挙げる表現。

代表物を例として挙げ、その他も同じだ、当てはまるという言い方。

後続は「みんな、いろいろ、どれも、たくさん」など多数を表す語が多い

「はじめとして」の場合、後続は相手への働きかけを表す表現や話者の意向を表す表現ができない。(例、てください、~しよう)

【例文】

  1. 山田さんは英語をはじめ、いろいろな外国語ができます。
  2. 浅草は浅草寺をはじめ、たくさんの江戸の文化が見られます。
  3. 結婚式は友達をはじめ、会社の同僚、大学の先輩も来てくれました。
  4. 山が好きなので、富士山をはじめ、日本の色々な山に登りたい。
  5. ラーメンをはじめ、日本にある外国の料理を食べたい。