ことなく  【予想外・省略】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞辞書形 ことなく

【用法】

省略を表す。

「普通はすることをしないで」「その可能性が十分あったが~しないで」という言い方。

予想外だという気持ちを含めることが多い。

やや硬く、書き言葉的で日常的な事には使わない。

(△)電気を消すことなく寝てしまった

(○)電気を消さないで寝てしまった 

類義表現

「ないで」

「ずに」

【例文】

  1. 大雪だったが、遅れることなく着いた。
  2. 3月は忙しいので、休むことなく仕事をしている。
  3. 方向音痴は山田は今回は道を間違えることなく帰ってきた。