ぬく 【経過・結末・終了】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞ます形 抜く

【用法】

最後までやり終える、徹底的に~するという意味を表す。

それが必要な行為であったり過程であることが多い。

苦しみに耐えたり、困難を乗り越えてという含みがある。

使われる動詞は限定的で、「生きる」「走る」「守る」などエネルギーを必要とするものが多い。

類義表現に「きる」「おわる」がある。

【例文】

  1. 両親は厳しい時代を何とか生き抜いた。
  2. その選手は長い距離を走り抜いた。
  3. 1人で考え抜いて、留学することにしました。
  4. 兵士たちは城を守り抜いた。
  5. 学生たちは最後の日まで頑張り抜き、みな志望校に合格した。
  6. やり抜く力がある人は、どんな困難があっても大丈夫だ。