ではないか/ではないですか/じゃん 【確認】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

普通形       ではないか/ではないですか/じゃん

(名詞 xだ)

(な形容詞 xだ)

【用法】

確認の表現。

相手も知っているであろうことを確認したり、気づかせる時に用いられる。

「あの件、覚えているでしょ?」という言い方。

発音が上昇調となることがある。

「ではないか」は書き言葉的でやや古い言い方。

通常、会話で用いられるので、書き言葉的な「ではないか」はあまり使われない。

丁寧な言い方:「ではないですか/ではありませんか」

くだけた言い方:男「じゃないか」、女「じゃない/じゃないの」 

さらにくだけた言い方:男女「じゃん(か)」

【例文】

1.公園の隣にビルが見えるじゃないですか。あの1階に本屋があります。

2.昨日「たかはし」という人が来たじゃないですか。あの人が社長の弟さんです。

3.先月近くで火事があったじゃないですか。犯人が捕まったそうですよ。

4.山田さんの息子さん、東大に合格したじゃない。でもアメリカに行くそうよ。

5.ほら、日曜日、お祭りじゃない。有名人も来るそうよ。