というものだ【説明】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞辞書形 というものだ

【用法】

機能や内容を一言で説明する表現。

「簡潔に言えば」という言い方。

【例文】

  1. この研究は、10か国の若者の労働時間を比較するというものだ。
  2. 契約書の内容は、売り上げの20%を提供するというものだ。