というと/といえば/といったら(3)【説明】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

名詞 というと/といえば/といったら

【用法】

相手の発言を受けて、次の展開をうながしたり、説明を求める表現。

「それはどうして?」「どういうこと?」という言い方。

【例文】

  1. A:「寿司はあまり受け入れられないと思います」

B:「というと?」

A:「私の国では生の魚は食べませんから」

  1. A:「明日の運動会は中止かもしれないですね」

B:「というと?」

A:「テレビで明日は大雨だと言っていました」

  1. A:「もっと厚い服を持って行った方がいいですよ」

B:「というと?」

A:「北海道はもうすぐ雪が降りますよ」

  1. A:「まだ11時ですが、昼ごはんは食べたほうがいいですね」

B:「というと?」

A:「午後は忙しくなりますから、ゆっくり食べる時間がないですよ」

  1. A:「あの町は外でジョギングができないんですよ」

B:「というと?」

A:「空気が汚いんです」