かねない 【可能性・心配】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞ます形 かねない

【用法】

可能性を表す。

悪い結果になる可能性があるときに用いられる。

客観的なデータ等からの判断ではなく、個人的によく知っている事情について用いられる。

「心配」「危惧」の感情を強調する。

危惧(悪いことが起こるのではないかと心配する)

類義表現に「おそれがある」がある。

【例文】

  1. うちの子のことだから、どこでも落書きしかねない
  2. 寝不足で運転したら、事故を起こしかねない
  3. 毎日タバコを吸っていたら病気になりかねない
  4. おじいちゃんだから、来た道を忘れかねない