がてら 【時間的同時性】 接続・用法・例文 JLPT N1 

【接続】

動詞ます形      がてら

第3グループ します

【用法】

時間的同時性を表す。

二つの同程度の事を一緒にするという時に使われる。

ある行動をする時、それをよい機会として他の事もする

前半の動作が主目的で後続には移動動詞が多く用いられる。

日常的な事に使う事が多い。

類似表現に「~のついでに」がある。

【例文】

  1. 買い物がてら手紙を出しに行く。
  2. 散歩がてら買い物に行く。
  3. 恩師に挨拶がてら後輩の様子を見に行く。
  4. 旅行がてら友達を訪ねる。