かたわら【時間的同時性】 接続・用法・例文 JLPT N1 

【接続】

動詞辞書形  かたわら

名詞の


【用法】

同時進行を表す。

「ある事をする一方で他の事もしている」という言い方。
仕事や地位について言うことが多い


類義表現の「ながら」より長時間の事に使われる。

〇テレビを見ながらご飯を食べる
×テレビを見るかたわらご飯を食べる

類義表現の「一方で」は同程度の2つ動作に使われるが、「かたわら」は前節の動作が本業で、後節が副次的な事柄を表す。

【例文】

  1. 鈴木さんは医者として患者を診るかたわら音楽家として作曲もしている。
  2. 兄は教師であるかたわらサッカー選手でもある。
  3. 太田先生は大学の研究のかたわらドキュメンタリーを作成している。