にいたっては 【仮定】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

辞書形  に至っては

名詞

【用法】

仮定を表す。

それは最終段階で、次はないと言いたい時の表現。

「もし事態がその程度になると、もう終わりだ」という言い方。

後続は「~しなければならない」、「~以外に方法がない」などの表現が多い。

「事情がここまでなってしまったら」という意味の決まり文句で「ことここに至っては」がある。

仮定も、既定も可能

【例文】

  1. その選手は怪我が多く去年右膝を手術した。左膝を怪我するに至っては、引退しかないだろう。
  2. 以前は毎年1億円以上の売り上げがあったが、業績は下がる一方だ。売り上げが500万を切るに至っては、この会社の存続は難しいかもしれない。
  3. 中谷は奥さんと仲が悪く、もし裁判するに至っては、離婚も避けられないだろう。