に(は)およばない 【不必要】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

動詞辞書形 に(は)及ばない

名詞

【用法】

不必要を表す。

ある状況で「~する必要がない」「~するほどの問題ではない」「~するのは大げさだ」という言い方。

「心配、礼」などがよく使われる。

相手への配慮が感じられる表現。

類義表現に「に(は)あたらない」がある。

【例文】

  1. 「ありがとうございました」

「いいえ、簡単な事ですから、礼には及びませんよ」

  1. 「明日の会議、大丈夫かな」

「明日は山本先輩がいますから、心配には及びません」

  1. この件については皆さん知っていますので、説明には及びません。