にかまけて 【対象・避けられない心情や行為・無視】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

名詞 にかまけて

【用法】

気がとられる、気持ちが引かれる対象を表す。

「それに気をとられて」「そのことだけやり、他を無視して」という言い方。

後続は「他の事をしていない」「他のことができない」という表現が多い。

「感ける(かまける)」の語源は「気負く」という説がある。

気持ちが何かに引かれて感動する→気を取られる→他の事がなおざりになる

【例文】

  1. 遊びにかまけて、まだ宿題をやっていない。
  2. 忙しさにかまけて部屋の掃除をしていない。
  3. 犬の世話にかまけて最近料理をしていない。
  4. ゲームにかまけて一日が終わってしまった。