はおろか 【例示・付加・驚き・不満】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

名詞 はおろか

【用法】

極端な例を挙げ、それは当然で他の事もそうだと述べる表現。

「Aは当然、Bも(~ない、~できない)」「Aは言うまでもない、Bでさえ(~できない)」という言い方。

後続には否定表現が多く、驚きや不満の気持ちがよく表される。

?命令・禁止・依頼・勧誘などの意志的な表現には使われない。

やや古く、書き言葉的。

【例文】

  1. 海外旅行はおろか、国内旅行もあまり行ったことがない。
  2. うちの子はテストはおろか、平日の授業も出席しないことがある。
  3. 私は法律の知識はおろか、会計学の知識もない。