といったらない/といったらありはしない/といったらありゃしない/ったらない 【程度の強調・話し手の評価】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

普通形      といったらない

な形 xだ

名詞 xだ

【用法】

程度を強調したい時の表現。

「非常に~だ」「言葉では表すことができないくらい~だ」という言い方。

動詞と名詞は程度や状態を表す言葉が多い(痛む/痛み、疲れる/疲れ、汚れる/汚れ等)

「といったらない」はどんな評価にも使える。

「といったらありはしない」「といったらありゃしない」「ったらない」はマイナス評価をする時に使われる。

口語では「といったらありゃしない/ったらない」がよく使われる。

【例文】

  1. この仕事はつまらないといったらない(この仕事は非常につまらない)
  2. 彼が会社をやめるという事は残念といったらない(彼が会社をやめるという事は非常に残念だ)
  3. ここは安いアパートで、電車の音がうるさいといったらない。
  4. 10年ぶりに家族に再会した時の感動といったらない。
  5. 納豆の臭さったらない。
  6. 虫歯が痛いったらありゃしない。