てもさしつかえない 【逆接仮定・許可】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

動詞て形 も差し支えない

【用法】

許可を与える表現で、正式な言い方。

類義表現に「してもいい」がある。

「差し支える」は妨げ、邪魔になるの意。

逆接仮定「ても」に敬語の「差し支えない」が付いた形。

【例文】

  1. 病気が治ったので、会社に行ってもさしつかえない
  2. 電話で連絡してもさしつかえない
  3. 明日の会議に参加してもさしつかえない
  4. 大統領だが、直接話してもさしつかえない