たいものだ/てほしいものだ 【願望・感慨】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞ます形 たいものだ

動詞て形  欲しいものだ

【用法】

「たい」は自分の願望を表す。

「て欲しい」は他人に対する願望を表す。

「たいものだ/てほしいものだ」は感慨を表す「ものだ」が付いた形。

「心からそうしたいと思う」「深くそのように感じる」という言い方。

【例文】

  1. 人生で1度は外国に行きたいものだ
  2. この絵のような景色を見たいものだ
  3. 死ぬ前にもう一度桜を見たいものだ
  4. 母の料理を食べたいものだ
  5. 故郷の環境が良くなってほしいものだ
  6. 娘は今年32歳だ。早く結婚してほしいものだ