てやまない 【心情の強調】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

動詞て やまない

【用法】

気持ちを強調する表現。

あることについて「ずっとそう思っている」という言い方。

動詞には「祈る、願う、愛する、後悔する、尊敬する、憧れる、期待する」などの心情を表す動詞が多い。

日常会話ではなく正式な場面で使われることが多く、やや硬い印象を与える。

【例文】

  1. 遭難者の無事を祈ってやまない
  2. お二人の幸せを願ってやみません
  3. 父はワインを愛してやまなかった
  4. 子供の時に見た映画の俳優に憧れてやまない
  5. 当時の事故を後悔してやみません
  6. 山田先生は同級生みんなが尊敬してやまない先生だ。
  7. 親は子の成長を願ってやまないものだ。