そびれる 【結末】 接続・用法・例文 JLPT N1 

【接続】

動ます形 そびれる

【用法】

物事の結末を表す。

「本来はそれしようと思っていた。しかし何らかの理由で機会を失い、結局できなかった」という言い方。

類義表現に「し忘れる」があるが、それは不注意によるもので、「そびれる」は意外なことなどがあってという表現。

【例文】

  1. 会議について部長に聞こうと思っていたが、すれ違いで聞きそびれた
  2. 山田君に借りた本を返そうと思っていたが、返しそびれた
  3. 急な用事で校長の許可をもらいそびれた
  4. デパートで買いたいものがあったが、残業で買いそびれた