からして 【例示・話し手の評価】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

名詞 からして

【用法】

例を挙げる表現。

あることを例としてまたは比較の対象として取り上げ、他のことも当然だ/該当すると言う時の表現。

「~を例として見てもそうなのだから、他のことも、、、だ」「~さえそうなのだから、他のことも・・・だ」という言い方。

取り上げられるものは最も基本的なものや代表的なもの、普通問題にならないことなどが多い。

ニュートラルな評価もあるが、マイナスの評価として使われることが多い。

【例文】

  1. この会社は遅刻する人が多い。部長からしてよく遅刻している。(ほかの社員は当然のようだ)
  2. 隣町だが、言葉からして全く違う。(そこの習慣は私の故郷と大きく違っている。)
  3. あの人は着ている服からして古い。(ファッションのセンスがない)