にたりない/たらない 【話し手の評価】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

動詞辞書形 に足りない/足らない 

名詞

【用法】

話し手の評価を表す。

「~する価値がない」「~する程のレベルに達していない」という言い方。

使われる表現は限定的で「心配、恐れる、信頼、尊敬」等と一緒に使われる。

「些細な事」という意味の慣用句に「取るに足らない」がある。

【例文】

  1. 次の試合のチームは選抜選手が多いが恐れるに足りない。
  2. 最近入った新人が駅でゴミを捨てていた。全く信頼するに足りない。
  3. 取るに足らない事で心配する必要はない。