ためしがない 【不満】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

動詞 た形+ためしがない

【用法】

「今まで一度もなかった」という意味を表す。

非難や不満の気持ちが込められている。

【例文】

  1. 彼女は、時間通りに来たためしがない。
  2. もう何回も買っているが、宝くじに当たったためしがない。
  3. 妻は、いろいろな外国語を習ったが、続いたためしがない。
  4. 彼はよく「今度おごるよ」と言うが、今までおごってくれたためしがない。
  5. うちのチームは、試合で勝ったためしがない。