にたえる 【話し手の評価】 接続・用法・例文 JLPT N1

【接続】

辞書形 にたえる

名詞

【用法】

話者の評価を表す。

「~する価値がある」という言い方。

「見る、読む、聞く、鑑賞する、評価、賞賛、批判」などの単語と良く使われる。

【例文】

  1. 彼の映画は見るにたえる。
  2. 彼の演奏は聞くにたえる。
  3. その小説は高校生の作品だが読むにたえる。
  4. 今回の展覧会は鑑賞にたえる作品が多い。