(音、におい)がする 【発見・認識】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

名詞 がする

【用法】

音やにおい等を感覚的にとらえた時の表現。

音、声、におい、香り、味、感じなどが使われる。

【例文】

  1. この部屋は煙のにおいがする。
  2. 外で大きな音がした。
  3. 彼が作った料理は変な味がする。
  4. このケーキ、ちょっとレモンの味がするね。
  5. 誰かが歩いている音がする。
  6. たくさんの人が話している声がする。