てもらう【恩恵】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

動詞 て形+もらう

【用法】

他者が親切な気持ちで行ったことを話者の側から述べる。

〈わたし〉は 〈人〉に ~を V て形+もらいます

親切な行為をした人物は通常「~に」で示されるが、「~から」が使われることもある。

話者がその行為をするよう頼んだ場合は、「~てもらう」を使うことが多い。一方、相手が進んでその行為をした場合は、「~てくれる」が多く用いられる。

(この2つの文型では主語がかわることに注意。)

【例文】

  1. 私は友達にパンの作り方を教えてもらった。
  2. 川田さんにDVDを貸してもらいました。
  3. 森本さんに花火大会に連れて行ってもらいました。
  4. 隣の席の人に教科書を見せてもらいました。
  5. 友達に引っ越しを手伝ってもらいました。