末に 【時間的前後関係・結末】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞た形 すえ(に)

名詞   のすえ(に)

【用法】

時間的前後関係を表す。

「~したあとで」と同じ表現だが、「いろいろした」「何回も同じことをした」「長い時間した」そのあとで、そういう結果になったという言い方。

疲れた、長かったという気持ちを含める。

書き言葉。

1回だけのこと、短時間のことには使わない。

(×)その日社長と喧嘩したすえ、会社を辞めた。

類義表現

「あげく」は迷惑だ等、よりネガティブな感覚を含む。

【例文】

  1. 先生や友達に相談しよく考えたすえに、留学すると決めた。
  2. 長時間の会議のすえ、結論が出た。
  3. 友人は2年の闘病生活のすえ、亡くなった。
  4. 半年間考えたすえ、大学院に行かないことにした。