ところだった 【可能性・結末】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞辞書形 ところだった 

動詞ていた

【用法】

悪い結果が起きる直前だったという表現。

「もう少しでそのような結果になる可能性があったが、そうならなかった」という言い方。

それが起きなくて、安心したという含み。

「~たら・・・ところだった」のように条件節を伴うことが多い。

【例文】

  1. A:「お弁当持った?」

B:「あ、忘れるところだった。」

  1. 火事になるところだった。(タバコを吸っているときに、寝てしまった)
  2. 事故が起きるところだった。(直前でブレーキをかけた)
  3. 死ぬところだった。(地震で建物から避難して)