ところに/ところへ 【状況】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞ている形   ところに/ところへ

動詞た形

【用法】

状況を表す。

「ちょうどその時」という感覚を含ませる。

帰着点「に」、方向「へ」を伴うので、後続は「(誰かが)来た」「電話がかかってきた」など方向性を伴う表現が多い。

類義表現に「最中」があるが、緊迫度合いは「最中」の方が上。

・「最中」は緊迫していない状況には使いにくい

例:(△)タバコを吸っている最中に、 

(〇)タバコを吸っているところに、

・心理的状態、感覚、感情を表す場合、「~ているところ」が多い

例:(×)慌てている最中に、

  (〇)急いでいるところに、

?突然変化が起きたという表現が多く、

「妨害」、「邪魔だ」、「現状をよい方向に変えた」という内容が伴うことが多い。

【例文】

  1. 荷物が多くて困っているところに、友達が来てくれた。
  2. お店の準備ができたところへ、お客さんが来た。
  3. 出かけようとしたところへ、郵便が来た。