ほか(は)ない/よりほかない/ほかしかたがない 【避けられない心情や行動】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

動詞辞書形 ほか(は)ない/よりほかない/ほかしかたがない 

【用法】

不可避の行動を表す。

「それ以外に方法がない」「不本意だがしかたがないからそうする」という言い方。

諦め、悔しい気持ちを含める。

類義表現:「しかない」「以外にない」

【例文】

  1. 財布を忘れたし、携帯も電池がなくなったので、歩いて帰るほかない。
  2. 貧しい家庭だったので、高校を出てから働くよりほかなかった。
  3. 地震で建物が崩れているので、ここで野宿するよりほかない。
  4. ストレスで病気になってしまったので、仕事を辞めるほかしかたがなかった。
  5. 犯人はナイフを持って暴れていたので、発砲するよりほかなかった。