まい 【否定】 接続・用法・例文 JLPT N2

【接続】

第一動詞 辞書形 

第二動詞 辞書形/ます形   まい

第三動詞 

(する  → するまい、しまい)

(来ます → 来(く)るまい、来(こ)まい)

【用法】

強い否定を表す。

話し手の強い意思を表し、「絶対に~しない」「~しないつもりだ」という言い方。

1人称のみ用いることが可能。

独り言や自分自身に言い聞かせる時にも使われる。

硬く、やや古い表現。

類義表現に「ものか/もんか」がある

【例文】

  1. 同じ失敗はもうするまい。
  2. 辛い過去のことは考えまい。
  3. 酒は2度と飲むまい。
  4. みんなの前では決して泣くまいと思っていたが、耐えきれなかった。
  5. 「店員の態度といったら。あの店には2度と行くまい。」