はべつとして 【除外】  接続・用法・例文  JLPT N3 

【接続】

名詞 は別として

【用法】

除外を表す。

2つの関連のある事柄を取り上げ、一方を除外する表現。

「Aについては今は考えないが、Bは~だ」「Aについては例外だが、Bは~だ」「Aは特別だから違うが、Bは~」という言い方。

何かを説明したり、意見を言ったりする時に良く用いられる。

【例文】

  1. 台風は別として、普通は雨が降っても練習します。
  2. 風邪をひいた山田は別として、どうして元気な鈴木も休んだんだ?
  3. 地方は別として、主要都市はもっと国際化を進めるべきだ。
  4. 強盗が入った時、知らなかった人間は別として、目撃した人間は何をしていたんだ?