ようと思う 【意志的行為】  接続・用法・例文 JLPT N4 

【接続】

動詞 意向形(意志形)+と 思う

【用法】

話し手の意志や計画を伝える時に用いる。

「~と思います」と「~と思っています」の2つの形があるが、前者は発話時点で考えたこと、後者は前からの考えというニュアンスの違いがある。

似た表現に「~つもりだ」があるが、「~つもりだ」は第三者の意志も表すことができる。

(〇)田中さんは大学へ進学するつもりだ。

(×)田中さんは大学へ進学しようと思う。

「~つもりだ」は否定形を表現することができる。意向形は否定形がない。

(〇)私は来週のパーティーに行かないつもりです。

【例文】

  1. 週末はハイキングに行こうと思っています。
  2. 今晩映画を見ようと思っています。
  3. ダンスを習おうと思っています。
  4. 空港の近くのホテルを予約しようと思っています。
  5. 大学卒業後、外国で働こうと思っています。