たところ 【発見・認識】 接続・用法・例文  JLPT N3

【接続】

動詞た形  ところ

【用法】

発見、認識を表す。

「あることをしたらこうだった」と説明する。

通常の出来事に対してではなく、「こんな状況だった、新しいことがわかった」と言いたいとき使う。

後続は結果なので、話者の心情ではない。

【例文】

  1. 交番で場所を聞いたところ、お店はすぐ近くにあるそうだ
  2. その商品をネットで調べたところ、高いものではなかった
  3. 確認したところ、荷物は来週届くそうです