【接続】

動詞ない形 xない ぬ/ん

※~しない → せぬ/せん

【用法】

否定の表現。

やや古い言い回し。

「ぬ」はない形の文語表現で、口語では「ん」を使う。

「わからん」「許せん」など決まった表現が多い。

「しなければならない」→「せねばならぬ」もある

【例文】

  1. さっぱりわからん。
  2. 私も知らぬ。
  3. 予期せぬことが起こった。
  4. 断じて許せん。
  5. 最近の子は話を聞かぬ。