てならない 【心情の強調】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞て形       ならない

い形容詞  くて

な形容詞  で

【用法】

心情を強調する表現。

「本当にそう思う」「心の底からそう感じる」「その感覚・感情が抑えられない」という言い方。

その心情が普通の程度を越している時に使われる。

動詞は自発的な動詞「泣ける」「涙が出る」「思える」等と使うことが多い。

感情や感覚を表すので、第三者の事を言う時は「~ようだ、そうだ、らしい」を用いる。

悲観的な内容に対して使うことが多い

やや古い書き言葉。

類義表現

「てしかたない」「てたまらない」

【例文】

  1. 私の国はワールドカップで負けた。残念でならない
  2. オリンピックで4位だったその選手は悔しくてならないようだ。
  3. 強い台風が近づいていて、不安でならない
  4. 日本に来てもうすぐ1年ですが、友達がいません。本当に寂しくてならない
  5. 飛行機の座席を間違えた。恥ずかしくてならない
  6. 彼のことがかわいそうに思えてならない
  7. こんな悲しい話、泣けてならない