っぱなし  【状態】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

動詞ます形 っぱなし

【用法】

状態の継続を表す。

長い時間そうしている。

「その後当然しなければならないことをしていない」という時に使われる

悲観的な評価として使うことが多い。

類義表現

「た形 まま」

「た形まま」との違いは、

①結果が残る行為かどうか

②悲観的な評価の度合い

①目で見える結果が残る行為かどうか。

結果が残る行為の例「ドアを開ける」「本を出す」「服を着る」「電気をつける」

結果が残る行為の場合、「たまま」「っぱなし」両方用いることができる。

※結果が残らない行為の例「歩く」「歌う」「走る」

結果が残らない行為の場合、「たまま」で言い換えることができない。

・ドアを開けっぱなしだ。

(○)ドアを開けたままだ。

・2時間歩きっぱなしだ。

(×)2時間歩いたままだ。

②悲観的評価の度合い

・窓を開けっぱなし  悲観的(マイナス)評価

・窓を開けたままだ  ニュートラル。描写しているだけ。

・電気をつけっぱなし 悲観的(マイナス)評価

・電気をつけたままだ ニュートラル。描写しているだけ。

【例文】

  1. うちの子、また本を出しっぱなしだ。
  2. 今日は朝から立ちっぱなしだ。
  3. 会議で2時間も話しっぱなしで、疲れた。
  4. あの会社は商品を売りっぱなしで、何のサポートもない。