ことは~が 【譲歩】 接続・用法・例文  JLPT N3

【接続】

普通形       ことは 普通形 が

(な形容詞 な)

(名詞   な)

【用法】

譲歩を表す。

後続で実際の状況を説明する。

「それを認めるが、そのことにあまり意味はない」という言い方。

注意

動詞の接続では前後に同じ表現を繰り返す。

未完の事:「払うことは払うが」

過去の事:「飲んだことは飲んだが、」

但し、過去の事を言う場合「することはしたが」と前後の時制が異なる形も可能。

【例文】

  1. 給料が上がったことは上がった、生活は楽ではない。
  2. 私も行くことは行く、会議では鈴木さんが説明してください。
  3. 日本語は難しいことは難しい、練習すれば必ずできる。
  4. この公式は複雑なことは複雑だ、説明を見れば誰でも理解できる。