ことか 【感嘆】 接続・用法・例文  JLPT N2 

【接続】

普通形     ことか

(な形容詞な)

(名詞の) 

【用法】

感慨の気持ちを表す。

「非常に~だ」「程度が甚だしい」という言い方。

疑問詞「なんて/どんなに/どれほど」とともに良く使う。

独り言やセリフのような雰囲気を持たせる。

【例文】

  1. 私は試験に合格した。どれほどこの日を待ったことか
  2. うちの娘と連絡ができなかったが、昨日連絡ができた。どんなに心配したことか
  3. みなさん大きな夢を持っていますね。なんとすばらしいことか
  4. 地震でまた人が亡くなった。なんと悲しいことか
  5. 彼はまた病気になった。なんと残念なことか