はずだ 【結論】 接続・用法・例文 JLPT N4

【接続】

動詞普通形+はずだ

名詞+の/である+はずだ 

い形容詞+はずだ

な形容詞+はずだ/語幹+である+はずだ

【用法】

状況や常識、情報、経験等何らかの根拠を基にして、話し手が結論や判断を述べる表現。

「当然〜だ」「絶対に〜だと思う」というかなり自信を持った言い方。       

過去の予定や計画について「はずだった」となると、絶対にそうなると思っていたのに、結果は異なったと言う意味になり、残念な気持ちが表される。

【例文】

  1. あんなに勉強していた彼なら、絶対に試験に合格できるはずだ。
  2. このケーキは有名店のものだから、絶対に美味しいはずだ。
  3. あの店は今日定休日だから閉まっているはずだ。
  4. 何度も説明をしたから、やり方は理解しているはずだ。
  5. 彼は日本に10年住んでいるから、日本語が上手なはずです。